歯周病治療|豊中市のクローバー歯科は夜8時まで診療している歯医者です

ご予約・お問い合わせはこちら

歯周病治療

歯周病とは

歯周病

歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。30代以上の約80%は歯周病にかかっていると言われています。

以前は歯槽膿漏とも呼ばれていましたが、現在は歯周病と呼ぶほうが一般的になっています。

痛みなどの自覚症状がなく、気づいた時には進行し、重症化しているということも少なくありません。

定期的な健診で早期発見・早期治療することがとても大切です。

歯周病の大きな原因となるのがプラーク(細菌のかたまり)です。毎日の歯みがきで落としきれない汚れがたまっていき、プラークとなってしまいます。プラークが歯肉の炎症を引き起こします。

さらに放っておくと歯槽骨まで溶かしてしまいます。骨が溶けてしまうと歯を支えきれずぐらついてきて、最終的には歯を抜くことになってしまいます。

歯周ポケットの深さを検査します

プローベという器具を使い歯周ポケットの深さを測ります。歯周ポケットの深さで歯周病の進行具合を検査します。歯周病は歯肉炎→歯周炎と進行していきます。歯周ポケットは歯周病が進行するほど深くなります。

また、歯に力を少し加えて歯の動揺度(ぐらつき)を検査したり、歯ぐきからの出血があるかなども見ていきます。

歯の治療市民公開講座「歯周病について」 講師:総院長 松本正洋

歯周病

歯周病チェック

あなたも一度歯周病チェックをしてみましょう

歯周病チェックシート

赤信号です!

歯周病がかなり進行している可能性があります。

歯を失う前に、検査・治療を受けましょう。

黄信号です!

歯周病の疑いがあります。

ただし、今の段階でしたら進行は十分くい止める事ができますので、手遅れにならない内に、検査に行きましょう。

青信号です!

大きな問題はないと思われますが歯周病は自覚症状なく静かに進行している場合も考えられます。定期的に検診を受けましょう。

医院でのケア

スケーリングで歯石を取り除いたり、PMTCという専用の器具を使った歯のクリーニングを行います。

スケーリング

スケーリング

スケーラーという器具を使って歯や歯と歯肉の間にたまった歯垢や歯石を取り除いていきます。

歯石を取り除き歯肉の炎症がなくなると歯肉が引き締まってきて、歯周ポケットも少なくなります。

PMTC(歯のクリーニング)

PMTC(歯のクリーニング)

専用の器具を使って歯と歯の間や歯と歯肉の境目をクリーニングします。

フッ素の入った研磨剤を使用したり、フッ素を塗布することで歯質の強化にもなります。

医院でのケア

ご自宅でのセルフケア

毎日の歯みがきが基本となります。加えて歯間ブラシやデンタルフロスを使ってケアしましよう。

歯のケア

クローバー歯科では歯みがき指導を行っております。歯間ブラシやデンタルフロスがうまく使えないという方もいらっしゃると思います。

使い方やケアの仕方などわからないことがありましたら何でもお気軽におたずねください。

また、生活習慣の改善もプラークコントロールには必要です。

  • 喫煙は血流が悪くなったり、歯に汚れが付きやすくプラークも付着しやすくなります。なるべく禁煙するようにしましょう。
  • プラークのエサとなる糖分をとりすぎず、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。
  • 抵抗力を低下させないように十分な睡眠をとり、ストレスをためないようにしましょう。
  • 体の抵抗力を高めるため適度な運動を行いましょう。

自宅でのセルフケア

Call:0668574500
クローバー歯科クリニック豊中駅前院
Call:0668577400
クローバー歯科クリニック豊中本町院

受付時間:両院共 月〜土(日・祝休診) 9:00〜20:00

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら

無料初診のご予約はお電話かオンラインでどうぞ

無料メール相談 LINEで無料相談
診療科目
無料託児サービスのチャイルドルーム お悩み解決 インプラント市民公開講座
総院長著書・メディア紹介履歴