入れ歯でお困りの方へ「インプラントオーバーデンチャー」|豊中市のクローバー歯科は夜8時まで診療している歯医者です

クローバー歯科クリニック
HOME
インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯が合わない、噛めない、噛むと痛い・・・
入れ歯でお困りの方へ

そんなあなたに解決策があります!
それはインプラントオーバーデンチャーです!

あなたの入れ歯が合わないのはなぜでしょうか?

それは入れ歯が歯茎に合っていないからです。その理由は2つあります。

この2つを解決すれば、入れ歯は快適になります

1. 入れ歯のたわみ

保険の入れ歯はプラスチックでできていますが、プラスチックだけでは強度が足りないのでたわんでしまいます。


入れ歯のたわみはどうすれば改善できる?

金属のフレーム(骨組み)を使用するだけで簡単に改善できます。

    • ×
    • 保険の入れ歯
    • 咬み合わせが悪い、入れ歯の設計が悪いなどもあるが、保険の入れ歯プラスチックなのでたわむことの改善はできません。

    • 金属床の入れ歯
    • 金属床の入れ歯は、非常に精密に作ることができるため、適合が良くピタッとおさまり、たわまないようにすることができます。

2. 入れ歯の過度の沈み込み

小さい入れ歯は残っている歯で支え合うので、入れ歯の沈み込みは少しましですが、大きい入れ歯ましてや総入れ歯になると、プラスチックの入れ歯は噛む力で大きく沈み込みます。

入れ歯の沈み込み


では、どうすれば回避できるのか?

支えを置くことで入れ歯の沈み込みを回避します。

その支えとなるのがインプラントです

インプラントを1、2本使用するだけで 劇的に改善できます

入れ歯の沈み込みをインプラントで解決

これがインプラントオーバーデンチャー(IOD)の
大きなメリットです!

  1. 痛くない
  2. しっかり噛むことができる
  3. えずきにくい、気持ち悪くない
  4. 発音しやすい
  5. 見た目もすっきり
  6. 残っている歯にやさしく、歯を守る
  7. 普通のインプラント治療に比べて安価

入れ歯が安定し、しっかり噛める

使用するインプラントには入れ歯とくっつけるために、
強力なマグネット(磁石)ロケーター(スナップボタン方式)などの留め具を使用しますから、入れ歯が安定し、しっかり噛めます。

インプラントオーバーデンチャーの構造

インプラントオーバーデンチャーの
上顎の総入れ歯の場合

インプラントオーバーデンチャーの上顎の総入れ歯の場合

●残っている歯の根っこに磁性金属等の留め具を入れます。
●残っている歯がない場合には、インプラント埋入します。
通常の入れ歯と比べて接着力が強く、咬む力もかなり強いです。

残った歯を守る

インプラントオーバーデンチャーなら、インプラントが噛む力を支え、力を分散することができるので残った歯を守ります。

入れ歯自体を小さくできて快適

インプラントオーバーデンチャーは入れ歯自体を小さくできえずく気持ち悪い発音のしにくさなども軽減され快適になります。

インプラントオーバーデンチャーのメリット

インプラントオーバーデンチャーには様々なメリットがあります。
入れ歯で悩んでいる皆様、是非ともご連絡ください。
少しでも皆様の苦痛を取り除くことができると思っております。

監修:クローバー歯科クリニック豊中駅前院 院長 松本 康裕