インプラント|豊中市のクローバー歯科は夜8時まで診療している歯医者です

豊中駅前院
初診予約
豊中駅前院
アネックス
初診予約
豊中本町院
初診予約
クローバー歯科クリニック
HOME
インプラント

インプラント

インプラント埋入本数37,000本以上、安心の実績

Feature

患者様から
ご支持いただいている
6つの取り組み

 

「どの医院でインプラント治療を受けるか」。
その判断基準のひとつとなるのが治療実績になるかと思います。
インプラントの埋入本数の実績は経験と技術力を測る指標となります。
当医療法人では埋入本数は37,000本以上と、圧倒的な実績があり、事故は0。
安心して治療を受けたい方はお任せください。

インプラント治療

 

インプラント治療にあたり、手術時の痛みを心配される方は多いと思います。
そこで当院では、患者様のご要望に添えるよう、様々な麻酔をご用意しています。
"怖くて痛い"と思われていたインプラント治療は"痛くない・怖くない"治療へと変わりつつあります。

麻酔

痛くない局所麻酔

麻酔をする時に痛みを感じないよう、様々な工夫をしています。
ご希望の方には表面麻酔もしています。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

歯科治療に対する恐怖心が強い方におすすめです。
点滴麻酔で、眠っている間に手術が終わります。
オペ中の痛みや緊張による血圧上昇の抑制が期待出来ます。

サージカルガイド

サージカルガイド

インプラントを埋入する時に使用するもので、適正な位置に正確にインプラントを埋入することが出来ます。
手術の安全性と精度の向上につながります。

 

当院では、コンピューター技術とインプラント治療を融合させたデジタルインプラントを行っています。

診察から治療計画、手術、人工歯のデザインに至るまで、各工程にデジタル技術を用いることで、感覚での判断を減らし、より正確で精密で安全性の高い治療を実現することが出来ます。

患者様にとっては心身の負担が軽減されるというメリットがあります。

デジタルインプラント

 

当院では、様々な術式であらゆる症例に対応しております。

オールオン4

オールオン4

4本のインプラントだけで12の歯を作る、高い技術力が必要とされる治療法です。
すべてもしくはほとんどの歯がない方におすすめの治療法です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

残存した歯にインプラントを覆いかぶせる治療法です。
入れ歯に比べよく噛めるのが最大の利点です。

骨造成

GBR法、ソケットリフトなど

他院で「顎の骨が少なく、インプラントを入れることが出来ない」と断られた方もご安心ください。
当院では手術により顎の骨の量を増やす骨造成を行っています。

 

インプラント本体に関して10年間の保証期間を設けておりますのでご安心ください。

保証をお受けいただくには定期的にメンテナンスにお越しいただく必要がありますが、メンテナンスを受けることはインプラントを長持ちさせるだけでなく、歯周病や虫歯のリスクを減らすことにもつながります。

当院は術後のメンテナンスと患者様のお口の健康をお守りすることを重視しております。

保証

 

当院にはインプラント認定医が在籍しています。

患者様にとって、認定医であるかどうかは実績や経験値、知識を測る指標のひとつになるかと思います。
歯科医院選びには、認定医の有無も判断材料のひとつにされることをおすすめいたします。

医者

歯抜けたまま放置すると…

「1本くらい歯がなくても大丈夫」と思って、そのままにしていませんか?
歯が抜けたまま放置しておくと、お口の中だけでなく、身体にも様々な影響が及びます。

お口への影響

  • きちんと噛めない
  • 虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 口臭が起こりやすくなる
  • 歯の破折リスクが上がる

見た目への影響

  • 歯並びが悪くなる
  • 顔の形が変わる
  • 見た目が老けたように見える
  • 歯茎が下がる

日常生活への影響

  • 認知症のリスクが上がる
  • 噛む力が衰え胃腸に負担がかかる
  • 肩凝り・腰痛になりやすくなる
  • 発音に影響が出やすくなる

このように歯が抜けたまま放っておくと、歯だけでなく、全身にまで影響を及ぼします。
抜けたまま放置するのではなく、抜けた歯の機能を補う治療をするようにしましょう。

治療法としては、インプラント入れ歯ブリッジが挙げられます。

抜けた歯を補う治療の比較

インプラント、入れ歯、ブリッジを比較してみましょう。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
  インプラント 入れ歯 ブリッジ
機能性 天然歯とほぼ同等 ×噛む力が低下する 天然歯とほぼ同等
審美性 天然歯とほぼ同等 ×入れ歯のバネが目立つ ブリッジの金属が目立つ
治療部分の違和感 なし ×異物感が強い なし
他の歯への影響 なし ×バネをかける歯への負担がある ×隣の健康な歯を削る必要がある
顎の骨への影響 なし ×歯が抜けた部分の骨が痩せる ×歯が抜けた部分の骨が痩せる
寿命 半永久的 7〜8年程度 7〜8年程度
治療条件 持病、歯周病がある場合は要注意 特に条件なし ブリッジを支える歯が必要
治療期間 6〜24週間程度 短期間 短期間
保険 ×適用外(自費診療) 適用 適用

入れ歯

部分入れ歯(部分床義歯)
総入れ歯(総義歯)

部分的に歯を失った場合は、金属で出来たバネ(クラスプ)を健康な歯にかけて使用する部分入れ歯(部分床義歯)を、
上下いずれかの歯をすべて失った場合は、歯茎全体を覆う総入れ歯(総義歯)を入れることになります。

入れ歯は、違和感があったり、食事の際に噛みにくい、また、口臭が気になるなどの問題があります。

部分入れ歯の場合は健康な隣の歯にバネをかけることにより負担がかかることがあります。
5年後に同じ入れ歯を使用出来る可能性は40〜50%だと言われています。

ブリッジ

ブリッジ図解
ブリッジ図解

歯を失った部分の両端を削って支柱にし、 橋をかけるようにした格好で噛めるようにする治療法です。
健康な歯を削らなければならない上に、両端の歯には大きな負担がかかります。
10年後には30〜50%が再治療になると言われています。

インプラント

インプラントも歯を失ったときに行う治療方法の一つです。

入れ歯やブリッジに比べて自然な見た目、しっかり噛める、他の歯を削らないなどのメリットがあります。

当院では事前にCTを撮影し綿密な治療計画を立てることにより、安全な手術を行います。豊中駅前院・豊中本町院共にCTを完備しております。

インプラントの構造

下の図はインプラント本体が骨の中に埋まっている状態です。

インプラントは骨とくっつくと、びくともしません。
まさにもう一度ご自分の歯がよみがえった状態で、なんでも噛めるのが特徴です。

インプラントの構造

● 上部構造(人工の歯)
インプラントの最上部に設置されるパーツで、セラミックなどで出来ています。
役割は食べ物を咀嚼することです。
色味は天然歯に合わせることが出来るので、審美性にも優れています。

● 連結部(アバットメント)
アバットメントは、人工歯とインプラント体を接続するパーツです。
アバットメントには高さを調節する役割があり、歯肉の高さ、インプラントを埋入する角度などを考慮し、最適なパーツを選択します。

● 人工歯根(インプラント体)
インプラント体はインプラントの土台になるパーツです。
素材はチタンまたはチタン合金で出来ていることがほとんどです。
チタンはアレルギーが出にくいのに加え、生体親和性にも優れた素材です。
形状はスクリューのものがスタンダードで、その形により表面積が増えることでより強固に顎の骨と結合します。

インプラント治療にご興味・関心のある方へ、以下に当院のインプラント治療についてご説明させていただきます。

精密な治療と高い安全性を同時に叶える
"デジタルインプラント"

医療と同じく、近年では歯科治療の分野においてもデジタル化が進んでいます。

その電子テクノロジーとインプラント治療を融合させたものを「デジタルインプラント」と呼びます。

デジタルインプラントは精密な治療を可能にし、安心安全でスピーディー、しかも患者様にとっては心身の負担の少ないインプラント治療をご提供出来るようになりました。

デジタルインプラントの構成

デジタルインプラントの構成

光学スキャンとCTによる精密な手術計画

3D光学カメラでスキャンすることで、お口の中を細部まで正確に測定し、高精細に再現することが出来ます。

歯科用CTは、神経の位置、骨の量や硬さなど、アナログでは知ることが出来なかったお口の細部の情報を正確に把握することが出来ます。

2つの機器の組み合わが精密な手術計画を可能にします。

CT

3Dシミュレーション

3Dシミュレーションソフトを使用することにより、CTで得られた3D画像を元にコンピューター上でシミュレーションすることが出来ます。

インプラントの埋入位置、方向、インプラントのサイズなどを事前に決定しておくことが出来ます。

神経・血管の位置を正確に把握することは、安全性の高い手術を可能にします。

3Dシミュレーション

サージカルガイドや上部構造の作成

サージカルガイドとは、インプラントを埋入する際に使用するガイドのことです。

事前にシミュレートした埋入の位置、深さ、角度などを 再現する手助けをしてくれます。

インプラント手術のリスクとエラーを低減してくれます。

サージカルガイドや上部構造のデザインや設計の際にCAD/CAMを使用します。

サージカルガイド

インプラント治療の流れ

1:カウンセリング
当院では無料初診相談を実施しております。
カウンセリングでは、治療についての心配事・疑問点、ご希望、また、患者様の健康状態などをお伺いします。
次にレントゲン撮影、口腔内診査を受けていただきます。
そして、インプラントの埋入本数、手術に関する注意点、治療費についてご説明します。
この時にご不明点など、何でもお尋ねください。
ご納得いただけた場合のみ、治療を開始します。
カウンセリング
2:一時手術
二回法の場合は手術を二回行うことになります。
ここではインプラント体を顎の骨に埋め込む手術を行います。
インプラント体埋入
3:二次手術
一時手術にて埋め込んだインプラント体が顎の骨と結合しているのを確認した後、二次手術を行います。
二次手術はインプラントの頭を歯茎の上に出す処置です。
3〜4ヵ月後にインプラントと顎の骨がしっかり結合しているのを確認し、アバットメント(連結部)を取り付けます。
アバットメント装着
4:型取り・製作・取付
二次オペ後に歯茎が落ち着いてから上部構造(人工歯)を作成するための型取りをします。
作成した人工歯をインプラントの頭に装着して、インプラントの完成です。
上部構造装着
5:メンテナンス
インプラントを長くお使いいただくため、定期的にメンテナンス(クリーニング)に通っていただきます。
お口の健康を保つことはインプラントを長持ちさせるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にもつながります。
メンテナンス

インプラント治療に関するQ&A

  • A: 歯周病に罹患している場合、治療後のインプラントの残存率が低いことがわかっています。
    歯周病の患者様は、インプラント治療の前に歯周病の治療をすることをおすすめしております。

  • A: 身体的負担は抜歯する程度のものなので、年齢制限の上限はありません。
    逆に下限ですが、骨の発育が終わるのが18歳前後なので、18歳以上なら問題ありません。

  • A:以下のような方はインプラント治療が出来ないことがあります。

    @18歳未満
    A骨が薄い
    B歯周病や虫歯がある
    C糖尿病
    D腎疾患があり人工透析を受けている
    E妊娠中

    ただし対処次第で治療が可能になることがあります。
    以下に対処法をご紹介します。

    @顎の骨の成長が止まってから治療する
    A骨造成を行う
    B虫歯・歯周病の治療を先に行う
    Cかかりつけ医に相談する
    Dかかりつけ医に相談するまたは別の方法を検討する
    E産後、体調が落ち着いてから治療する

  • A:喫煙者が必ずしもインプラント治療を受けられないというわけではありません。
    しかし、喫煙者は非喫煙者に比べインプラントの成功率が低くなることが学会でも証明されています。
    ニコチンによる血管収縮や血流阻害はインプラント治療のリスクを高める要因になります。

  • A:手術当日の食事は可能です。
    しばらくは反対側で噛むようにしましょう。
    術後2〜3日は柔らかいものを食べるようにしましょう。
    極端に硬いもの、唐辛子やわさびなどの刺激物は控えるようにしましょう。

  • A:10年経過後のインプラントの生存率は90%だと言われており、目安としては10〜15年程です。
    ただし、患者様の生活習慣により、より早く寿命が来ることもあれば、もっと長持ちすることもあります。

  • A:歯ぎしりのある方でもインプラント治療を受けていただけます。
    ただし、歯ぎしりがあまりにひどい場合はナイドガードをしましょう。
    インプラントは縦方向にかかる力には強い一方、歯ぎしりなどの横からの力には弱く、インプラントが破損する恐れがあります。

  • A:インプラントのお手入れは大きく2つにわかれます。

    ・プロフェッショナルケア:年数回の歯科医院での定期検診(メンテナンス)(主にクリーニング)
    ・セルフケア:毎日の歯みがき(歯ブラシの他、歯間ブラシやタフトブラシを使い細かくみがく)

    インプラントは虫歯にはなりませんが、汚れた状態が続くと、歯周病に似た「インプラント周囲炎」になります。
    インプラント周囲炎になると、最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまいます。
    インプラントを長持ちさせるためには継続したケアが大切です。

  • A: インプラントは咬合力(こうごうりょく…噛む時の力)が高いのが特徴です。
    天然歯の咬合力が10だとしたらインプラントはおよそ9割の咬合力があります。
    ブリッジは6割、入れ歯は1割だと言われていることからもわかる通り、インプラントは咬合量に優れていると言えます。

    天然歯に近い咬合力を求めるならインプラントをおすすめいたします。

  • A:腫れのピークは術後2〜3日でそれから徐々に収まっていき、1週間程で元通りになるでしょう。
    それ以上腫れがつづく場合は何らかの異常が起きている可能性があるため、歯科医師に相談することをおすすめいたします。

インプラント1本の価格

メンテナンス
内訳 インプラント本体+手術代(税抜) 25万円
アバットメント(税抜) 4万円
上部構造(税抜) 7万円
総額(税抜) 36万円

インプラント専門サイト
インプラントの詳しい内容はサイトをご覧ください。

お気軽にご相談ください
初診予約はこちら

無料初診のご予約はお電話かオンラインでどうぞ

LINEで無料初診予約

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします